介護

老人ホームの魅力とは

模型

大阪市内の有料老人ホームでは、お年寄りが入居しやすいよう初期費用を抑えたりさまざまな工夫をしています。体験入居が可能な施設も豊富で、試してから入居を決められるので本人にとっても良い施設が見つかりやすくなっています。

» 詳細

介護を受けるときには

介護

老人ホームを探すときには、気になる複数の施設を探してそこに資料請求をすることから始めます。そして実際に足を運んで見学をすることが大きなポイントとなります。入居する前には本人の意思確認と、身元保証人や身元引受人も忘れずに確認するようにします。

» 詳細

1つあれば対応可能です

簡単で基本的な機能が充実

ヘルパー

介護サービス事業の事務は、すべて手書きの事務が主流でした。訪問介護事業を行っていれば、ヘルパーさんのスケジュール管理、ケアプラン作成、介護保険の請求などの事務処理が毎月必要になります。かんたん介護ソフトを導入すると、今までは手書きで作成していた書類を一手に引き受けます。ヘルパーさんのスケジュール管理などのシフト作成、給与計算、給付管理、国保連への請求も伝送で可能です。また、かんたん介護ソフトは介護保険だけでなく、障碍者支援や自費サービスにも対応し、市町村が実施している移動支援の請求書も作成可能です。ヘルパーさんのスケジュール管理では前日メールアラート機能があり、シフトの前日にヘルパーさんの携帯にメールでお知らせが可能です。

同時に3台接続可能です

かんたん介護ソフトは安心の定額制です。利用するサービスの数や人数で料金は変わりません。利用するパソコンを3台まで月会費で使用できます。法改正時のバージョンアップ料金、保守費用もこの月会費の中に含まれているのであとから請求される料金が発生しません。介護保険、障害者支援、移動支援にも対応可能です。シフト作成機能、メールへのアラート機能、給与計算も可能です。また国保連への伝送の料金も含まれています。今使っている介護ソフトからのデータの移動も可能です。かんたん介護ソフトはサポートも充実しています。使い方など不明点があれば、365日電話でサポートが受けられます。操作以外の制度のことでの質問も対応可能です。

介護保険請求を行うソフト

車いす

介護ソフトは、介護事業者が利用する目的で作られた、介護保険請求を効率的に行うためのソフトウェアです。介護ソフトを導入することによって誰でも正確に計算できて、手軽に介護保険の請求ができるようになります。

» 詳細