介護を受けるときには | 事務作業の手間を大幅に減らす|かんたん介護ソフトで楽になる
男女

介護を受けるときには

介護

全国にたくさんの老人ホームがありますが、その中でまずはどこを利用するかの施設を探すところから始めます。このときにはまずはホームの種類を知るところから始めます。その中で目的や条件に合うところを探すようにします。ここで気になるところがあれば、早めに行動をすることが基本です。気になるところには資料請求をするようにします。その中から複数のホームを見学し、費用や条件で見比べると言うことが必要になります。実際に言ってみないとわからないというのが老人ホームです。したがって必ず見学に行くようにします。必要であれば、体験入居をして1泊以上過ごすようにします。これで実際の雰囲気を確認することができます。

気になる老人ホームがあれば、入居をするという流れとなりますが、入居をする前にやっておかなければいけないことがあります。それは本人の最終意思確認をするということです。家族の薦めだけで決めていないかしっかりと確認します。これを行わないと、老人ホームに入居後、無気力になったりすぐに退去してしまうというようなこともあります。また身元保証人や身元引受人の確認を忘れないようにします。金銭面や介護の問題が発生したときに、誰に相談をするか明確にする必要があるからです。家族がいない人や家族がいても頼ることができない場合には、老人ホームに相談をすることができます。また実際に預ける家族の責任や連携や役割を明確にするのも忘れないようにします。