介護保険請求を行うソフト | 事務作業の手間を大幅に減らす|かんたん介護ソフトで楽になる
男女

介護保険請求を行うソフト

面倒な介護保険請求

車いす

介護事業者は、介護報酬を介護保険請求を行うことで受け取っています。介護保険請求は利用者一人一人に対して行う必要があるため、利用者の多い施設になればなるほど請求の手間が増えることになります。その手間をラクにしてくれるのが、介護ソフトです。介護ソフトは、複雑な介護保険請求をスピーディーに行い、業務の効率を上げる目的で作られています。介護ソフトを導入することで利用者の状態を把握しやすくなりますから、事務処理が合理化できるというだけでなく、人の管理もしやすくなるというメリットがあります。介護サービスにも、反映することができるでしょう。介護ソフトは複数の人が利用しますから、使いやすいものを選ぶことが大切です。

パッケージ型とASP

介護ソフトには、「パッケージ型」と「ASP型」があります。パッケージ型は、ユーザー自身のパソコンにダウンロードして利用者情報を管理するシステムになっています。使える機能が豊富で、カスタマイズが自由にできますが、初期費用が高額になります。データのバックアップなども、ユーザーが行う必要があります。ASPと言うのは、「アプリケーション・サービス・プロバイダー」の略です。介護ソフトを販売している会社が、介護保険請求に必要なサービスをインターネットを通してすべて提供します。導入する手間が少なく、料金が安いのはASP型の方ですが、利用者のデータを任せることになりますから、セキュリティの良いところを利用することが重要です。